一つの会社に絞る

キャッシングの申し込みをする際には、複数の会社に同時に申し込んだほうが確率が上がると思っている人もいるようです。しかしキャッシングというのはギャンブルでもなく、数打てば当たるというものではありません。信用情報機関には申し込みをした情報が瞬時に登録されるケースがほとんどです。そのため複数の会社に申し込みをすればするほど、同時にキャッシング審査の申し込みをしていることが分かってしまいます。

お金に困窮そうなれば当然ながら懸念は大きくなり、お金を貸してくれる会社はなくなってしまうでしょう。
それだけたくさんの会社に申し込むのは、極端に困窮している状態、もしくは大きな借金を抱えて返済に困っている状態だと思われてしまいます。
もちろん申し込み情報だけでなく他社で借りられている状況なども信用情報からは明確に分かります
そのため、キャッシング審査の申し込みをする時は必ず一つの会社に絞り込んで審査の申し込みをしましょう。
万が一ここで断られてしまった時には収入アップを目指しながら、最低でも半年以上の間をあけて違う会社に申し込んでください。

半年の期間というのは、申し込んだ情報が信用情報機関から削除される期間となります。短期間で複数の会社に申し込みをしていると、その分審査に通過できる可能性は低くなります。